ぶつぶつ川 日本一短い川(13.5m) – 和歌山県那智勝浦町

ぶつぶつ川

スポンサーリンク

ぶつぶつ川 日本一短い川(13.5m)

那智勝浦町粉白(このしろ)にある日本一短い川「ぶつぶつ川」に行ってきました。場所は玉の浦海水浴場のすぐ近くにありますので、わかりやすいと思います。こちらの川がどれほど短いのか!?それは長さがたった13.5mしかないのです。ちなみに川幅は約1mほどです。

ぶつぶつ川

粉白川(このしろがわ)の支川にあたり、湧水を水源としてしています。「みずのみば」と書かれてありますので、飲める水ということでしょうか。

スポンサーリンク

ぶつぶつ川は世界一短い川??

1989年から2000年までギネス世界記録に記載されていた川は、アメリカのモンタナ州グレードフォールズのグレートスプリングス州立公園にある「ロー川」。その長さは61mといわれています。

それに比べて、ぶつぶつ川は13.5m。明らかにロー川よりも短いですね。ギネスは2000年に世界一短い川の記載を終了していますので、正式な認定ではないのですが、13.5mはそうそうに抜かれそうにないほど短い記録のような気がします(笑)

スポンサーリンク

二級河川に認定されています

2008年10月21日に二級河川として法指定されて以来、日本一短い法指定河川となっています。

ぶつぶつ川

スポンサーリンク

ぶつぶつ川の名前の由来

ぶつぶつ川の名前の由来は、フツフツと清水が湧き出ていることから昔からそう呼ばれてきたそうです。今でも野菜や道具、洗濯物を洗ったりと生活に欠かせない水源です。周囲の環境は地元の方々の努力で維持され、豊かな生物多様性が守られています。

ぶつぶつ川

2011年の台風12号による紀伊半島大水害では、周辺の上下水道が断水しましたが、「ぶつぶつ川」が住民に水を提供し、いわゆる「命の水」になったと言われています。

下里風景街道

下里みち散策紀行としてぶつぶつ川もコースに入っています。

スポンサーリンク

粉白川

ぶつぶつ川が流れ込んでいるのが粉白川(このしろがわ)です。ぶつぶつ川の湧き水が流れ込んであるだけあって、水質はめちゃくちゃ綺麗でした。手で水温も確認してみましたが、夏でもかなり冷たかったです。

粉白川

スポンサーリンク

駐車場

ぶつぶつ川には駐車場はありませんので、そのぶつぶつ川が流れ込んでいる、すぐ横の玉の浦海水浴場の駐車場(無料)に止めることにしました。

ぶつぶつ川 駐車場

スポンサーリンク

公園の詳細情報

名称 ぶつぶつ川
住所 〒649-5144 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町粉白490
電話番号  
定休日  
ホームページ 和歌山県サイト
インスタグラム  
フェイスブック  
ツイッター  
駐車場 無し
交通アクセス ■車
那智勝浦新宮道路 那智勝浦ICから車で約15分
注意事項  
備考  

※上記内容は訪問時の情報になります。変更になっている場合がありますので、電話またはHP等で確認してください。

タイトルとURLをコピーしました