柑乃屋(かんのや)有田川町の古民家カフェで山椒づくしランチ

柑乃屋(かんのや)有田川町

スポンサーリンク

柑乃屋 有田川町の古民家カフェで山椒づくしランチ

柑乃屋(かんのや)有田川町

先日行ってきたのは、柑橘の町、有田川町に2018年にオープンした古民家カフェ「柑乃屋(かんのや)」さん。有田川町の名産品でもある「ぶどう山椒」をふんだんに使った薬膳料理のお店です。

築100年以上、大正時代に建てられた古民家をリノベーションされています。和歌山県が生んだ近代画家「川口軌外氏(かわぐちきがい)」さんが戦時中に疎開した家で、昔の庄屋さんの家だそうです。

柑乃屋(かんのや)有田川町

2018年登録文化財に認定されています。ちなみに有田ラボにも参加されていますので、クーポンがあるかもしれないので探してみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

店内の様子

柑乃屋(かんのや)有田川町 店内

お店の中はこんな感じです。懐かしく、昭和の時代にタイムスリップしたような感覚になります。インテリアや小物にもこだわっておられるような気がしました。

柑乃屋(かんのや)有田川町 庭

窓から見える庭の様子。夏の草さんたち…。こちらはお手入れが必要みたいですね。

スポンサーリンク

石臼でぶどう山椒を挽く

石臼 山椒

料理を待つ間、石臼を挽いておきます。

石臼 山椒

石臼ですりつぶした山椒はこんな感じです。これを好きな分だけ料理にかけて食べるのがこちらのお店のスタイル。山椒は爽やかな香りと辛み、ピリピリとした刺激が特徴ですので、かけ過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

柑乃屋 山椒づくし御膳

柑乃屋(かんのや)山椒づくし御膳

柑乃屋 山椒づくし御膳…1,430円(税込)

8つの小鉢。自家製ちりめん山椒のせご飯に、梅酢と山椒の葉で作った特製姫寿司。手作り鶏団子と夏野菜の入った本格薬膳スープが付いた全10品の御膳です。全ての小鉢に山椒が使われています。

柑乃屋(かんのや)山椒づくし御膳

ご飯の上のちりめん山椒は少量ですが、ご飯が進む味付け。ご飯はかなり少なめですが、おかわり自由です。小鉢も全体的に上品なサイズ感(量)におさまっていますので、メンズの皆様は気兼ねなくご飯をおかわりしましょう(笑)

小鉢は素朴で懐かしい味付けを大事にされているように感じました。どれも美味しくいただきました。

スポンサーリンク

柑乃屋 梅釜めし御膳

柑乃屋(かんのや)梅釜めし御膳

柑乃屋 梅釜めし御膳…1,430円(税込)

甘く、ふっくらとしたはちみつ梅干しとしらすの具だくさん釜めし。鶏肉と6種類の天ぷら、自家製山椒ピクルス、本格薬膳スープのセットです。塩味、醤油味が選べるのですが、今回は醤油味を選びました。

予約の際に電話で「天ぷらは揚げたてで用意します」とスタッフさんがおっしゃっていただいていたのですが、運ばれてきた天ぷらはなぜか冷めてしまっていました(涙)。入店時は私たちを含め2客でしたが、スタッフさんは注文確認等に”あたふた”されていた様子でした。

まとめでも書こうと思いますが、こちらの釜めしは炊き上がりまで30分かかりますので、基本的には電話予約時に注文をしておいて、予約時間に炊き上がるようにお願いしておくのがオススメです。予約の方の多くはそうされていたように思います。

柑乃屋(かんのや)梅釜めし御膳

梅干しも一緒に炊いていますので、風味が全体に馴染んでいます。醤油を選びましたが、味付けは結構しっかりされている印象。薄味が好みの方にはちょっと濃いと感じられる人もいるかもしれません。

ちなみにこちらのメニューは関西テレビ「よーいドン」の産地の奥さんごちそう様でも紹介されたメニューです。

スポンサーリンク

柑乃屋のメニュー

柑乃屋(かんのや)メニュー

柑乃屋(かんのや)メニュー

柑乃屋(かんのや)メニュー

柑乃屋(かんのや)メニュー

柑乃屋(かんのや)メニュー

山椒薬膳カレーもありました。こちらは手軽に頼めそうなメニューです。

柑乃屋(かんのや)デザート メニュー

カフェ利用もできます。夏限定かもしれませんが、かき氷もありました。

スポンサーリンク

駐車場

柑乃屋(かんのや)駐車場

柑乃屋さんは県道22号線沿いにあり、駐車場も道路に面しているところがあります。台数はたくさん止められそうです。のぼり旗が立っているのでわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ランチはセットメニューのみとなっていましたので、できれば簡単な単品メニューもいくつかあれば良かったかなと思いました。山椒専門店なので無理は言えないのですが、山椒の入っていないメニューもあればなお良かったのではないでしょうか。(小さいお子様連れの場合は山椒が食べられないこともあると思いますので)

料理のボリュームはやや控えめですので、がっつり食べたい方には向いてないと思います。あくまで山椒や薬膳料理を楽しみたい方向けのお店だと感じました。

釜めし御膳については炊き上がりまで30分かかりますので予約必須かと感じました。ゆったり古民家の雰囲気を楽しみたい方以外は予約しておかれた方が無難です。

土日祝のみの営業のためか、スタッフさんのオペレーションは少しだけ気になる点もありました。ワタクシは今回初来店だったのですが、石臼の使い方やメニューの説明は特になく、席に置いてあるメニューブックを見て情報を得る感じでした。メニューにはしっかりと書いてあったので助かりました。

山椒専門店かつ薬膳料理。そしてランチの価格帯は1,500円前後になりますので、来店客の年齢層は若干高めでした。運営母体は社会福祉法人 千翔会。有田川町の新たなシンボルとして育てていきたいとの思いが伝わるお店でした。

スポンサーリンク

店舗の詳細情報

店舗名 柑乃屋(かんのや)
住所 〒643-0813 和歌山県有田郡有田川町大字西丹生図456-1
電話番号 0737-22-7028
営業時間 11:00~16:00(ランチタイム 11:00~14:00)
定休日 月・火・水・木・金
※祝日営業の場合あり(要確認)
ホームページ http://cafe-kannoya.com/
フェイスブック 柑乃屋フェイスブックページ
インスタグラム https://www.instagram.com/kannoya0556/
席数 約26席
駐車場 あり
交通アクセス ■車
阪和自動車道 有田ICから約5分

■電車
JRきのくに線 藤並駅から徒歩約25分

支払い方法 現金、PayPay、クレジットカード、電子マネー
備考 予約可

※上記内容は訪問時の情報になります。変更になっている場合がありますので、店舗またはHP等で確認してください。

タイトルとURLをコピーしました