菓子 潮ざき 串本町の和菓子店 格式を感じる町家建築のお店

潮ざき 串本町の和菓子店

スポンサーリンク

菓子 潮ざき 串本町の和菓子店 格式を感じる町家建築

本州最南端の町、串本町にある老舗和菓子屋菓子 潮ざき。お店の場所はJR串本駅前。串本町のシンボルである景勝地、橋杭岩(はしぐいいわ)の立岩をイメージした串本銘菓 立岩巻が潮ざきの名物となっています。

菓子潮ざきは1978年に先代の潮崎成治氏が清月菓舗として串本駅前通りで菓子店としてオープンしました。そして2016年3月12日串本駅前に移転。その移転を機会に店名を清月菓舗から「潮ざき」に変更し、再スタートを切られました。

潮ざき 串本町の和菓子店

町家建築の趣きある店舗。店内入り口は正面ではなく、右側の路地に入って建物横から入るイメージです。

スポンサーリンク

上品な空気が漂う店内

潮ざき 串本町の和菓子店

店内は和の雰囲気が漂う上品な印象。正面のショーケースが一際目を引きます。下の白い部分は漆喰塗りとなっていて随所にオリジナリティを感じることができます。

潮ざき 串本町の和菓子店

落ち着いた雰囲気です。和菓子店はBGMが流れていないことも多いのですが、こちらの店舗はBGMがありました。スピーカーは安定のJBL。

潮ざき 串本町の和菓子店

きれいに陳列されています。個人的には「尾鷲牛乳とバニラ」のミルクジャムが気になりました。

潮ざき 串本町の和菓子店

メインのショーケースはこのような感じです。

潮ざき 串本町の和菓子店

建物内には中庭があり、その奥は厨房になっていました。「潮ざき」さんは雰囲気作りを大切にされているお店なんだと感じました。こういった部分っていうのは、実はモノ作りや顧客応対にも共通していると思っていまして、奥の深い上質な和菓子作りやお客様に対する感謝の気持ち等にも表れているのではないかと思いました。

スポンサーリンク

水まんじゅう

潮ざき 水まんじゅう

水まんじゅう 1個 120円(税別)

夏の涼菓といえば、水まんじゅう。ほどよく上品な甘さで大変美味しかったです。

スポンサーリンク

名物 立岩巻

潮ざき 立岩巻

立岩巻 130円(税別)

紀州梅たまごと国産小麦にてふっくら手焼きした焼き皮で半小豆こしあんを包んでいます。カスタードのタイプもあります。皮がしっとりしながらもフワフワの食感。第25回全国菓子大博覧会「名誉総裁賞」も受賞されています。

潮ざき 駐車場

駐車場は店舗裏にあるオークワの駐車場の一部にあります。10台ほどのスペースがありました。国道42号線からオークワの駐車場に入ってしまってOKです。駐車スペースには潮ざきさんのマークがついていますので、それを確認してください。

 

和菓子に限らずですが、和歌山県内の菓子店で「誰かに差し上げたい」と思える商品って探すのが大変です。(情報不足かもしれませんが…)ちょっとした差し入れやお気持ちをお返ししたいときに、潮ざきさんのようなお店が近くあると嬉しいですね。

お店はJR串本駅から徒歩1分の場所なのでアクセスも最高です。電車でも車でも気軽に寄れるお店です。見た目は少し入りにくい印象もありますが、そこは自信を持って入ってみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

店舗の詳細情報

店舗名 菓子 潮ざき
住所 〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本40-35
電話番号 0735-62-5288
営業時間 平日 8:00~18:00
日曜日 8:00~17:00
※品切れの際は時間内でも閉店することがあります。
定休日 火曜日
祭日やお盆、お正月は営業。
ホームページ http://www.kashi-shiozaki.jp/
フェイスブック https://www.facebook.com/kashishiozaki/
駐車場 あり(約10台)
支払い方法 現金、PayPay
備考

※上記内容は訪問時の情報になります。変更になっている場合がありますので、店舗またはHP等で確認してください。

タイトルとURLをコピーしました